看護部長のメッセージ

  • HOME »
  • 看護部長のメッセージ

当院のモットーは、「心やさしい看護と行き届いた介護の安らげる施設となり、患者様一人ひとりに応じた療養生活を、私たちのチーム医療で実現すること」にあります。

私たち職員には、患者様が静かに安心して療養できる環境を提供し、「おもてなし」の心が伝わる医療サービスを実践していく責任があります。
当院患者様のほとんどは、長期療養を余儀なくされています。そのため、病室は患者様や家族にとって安らげる「家」であり、ベッドはご自身が安心で過ごせる部屋である必要があります。

ナイチンゲールは、「すべての病気は回復過程である」「看護とは患者の自然治癒力がうまく働くように、その回復過程を手助けすることである。」と述べています。

私たちは、寝たきりで低栄養状態にある高齢者の患者様であっても、タイムリーに適切なケアを行うことにより感染症や褥瘡が治癒することを経験しています。

風や光を感じられるように窓を開ける
優しく声をかける
歯磨き、タオルで手や口を拭く

このような日常生活援助の中にこそ。患者様の生きる力を引き出す関わりがあります。
患者様の少しの変化に”気づく”ことから、看護や介護のサービスは始まります

職業人として自己の可能性や、仕事に意味を見出したいと思っている皆様を心よりお待ちしています。

看護部長 林 和代

PAGETOP
Copyright © Hiratsuka Juzen Hospital All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.